話合い活動のよさを生かした 学級活動内容(2)の授業を提案します。

平成22・23年度 佐賀県教育センタープロジェクト研究

小・中学校特別活動研究委員会

 本研究では、学級活動内容(2)において、児童生徒による話合い活動を効果的に取り入れた学級活動の指導の在り方について研究を進めました。児童生徒の人間関係をよりよいものとしながら、個性を生かすことのできる学級づくりに、是非ご活用ください。
☆授業モデル☆
 話合い活動を生かして個人目標を自己決定させる授業モデルを提案しています。
☆小中接続期の年間指導計画☆
 小中の接続を意識した年間指導計画例を提案しています。
 
☆授業実践【学級活動内容(2)】☆
 授業モデルを基にして、小学校、中学校それぞれで授業実践を行いました。授業の事前・事後の指導も紹介しています。
 
☆ワークシート及び振り返りカード☆
 話合いへの意欲を高めたり、自己の振り返りを促したりするワークシートや振り返りカードの例を紹介しています。
 
サイトマップ

 

研究スタッフ

平成23年度プロジェクト研究
森 宜幹 (佐賀県教育センター) 宮崎 淳子 (佐賀県教育センター)
上田 一正 (三根中学校) 早間 一城 (緑が丘小学校)
稲富 慈 (相知中学校) 中野 清子 (鬼塚小学校)
吉木 なつき (西有田中学校) 田代 直子 (岩松小学校)
       
平成22年度プロジェクト研究
森 宜幹 (佐賀県教育センター) 宮崎 淳子 (佐賀県教育センター)
家永 裕行 (城南中学校) 松野 克巳 (外町小学校)
中川 君隆 (鹿島東部中学校) 原田 亮一 (北茂安小学校)
堤 三奈 (湊中学校) 河村 賢 (御船が丘小学校)

★このサイトについてのご意見やご質問は こちらへ


Copyright(C) 2012 SAGA Prefectural Education Center. All Rights Reserved.