平成16年度 全事研セミナーのご案内

私たち学校事務職員を取り巻く状況は、義務教育費国庫負担堅持をめぐって
依然厳しい状況が続いています。政府の三位一体改革の中で、義務教育費国庫
負担金の一般財源化が打ち出される中、今後も予断を許さない状況が考えられ
ます。また、公務員制度改革が平成18年度を目途に実施されようとしています。
新たな給与制度と新人事評価制度による能力給制度が考えられ、私たち学校事
務職員にとっても、今後注視していきたい事柄です。

 また今年誕生した学校運営協議会の導入は、住民参加の学校運営を進めるこ
とにより、児童生徒の豊かな育ちのために、保護者や地域住民と校長や私たち
学校事務職員を含む教職員が共に責任を分かち合いながら、地域に開かれ、信
頼される学校づくりを進めるためのものです。

 さて、各支部(県)におきましても真に必要とされる、新たな学校事務職員
像の構築に向けて研究・研修を積まれていることと思います。

 全事研本部としても、こうした状況下で各支部や地域での制度改革への取組み、
あるいは研究推進の一翼を担う研修の場としてセミナーを位置づけ、有識者によ
る講演・情報の提供交換等を行うと共に、課題の共有化を図ることにより、会員
の資質向上を目的に開催されます。

 開催要項は会員専用ページに掲載しています。

 参加(受講)希望者はこちらよりお申し込みください。
         (申し込み〆切日:平成16年12月28日)