トップリンクサイトマップ
      

虹ノ松原(にじのまつばら)!<唐津市・浜玉町>

 唐津市(からつし)から浜玉町(はまたまちょう)にかけて海岸(かいがん)にそって美しい松原が(つづ)いています。この松原は,戦国時代末(せんごくじだいまつ)当時(とうじ)の唐津のお殿様(とのさま)()えたと伝えられています。また,そのころの唐津地方は,松浦川(まつうらがわ)波多川(はたがわ)の2つの川が唐津湾(からつわん)に流れていて梅雨(つゆ)のころになるとたびたび洪水(こうずい)がおきていました。
 そこで,お殿様が,いろいろな工事(こうじ)をすることにしました。この工事は,ほとんど人の力でだけでおこなわれ,何年もかかって完成(かんせい)しました。
 その後,虹ノ松原は人々に大切にされ,現在(げんざい)は国が世話(せわ)をするようになりました。しかし,最近(さいきん)では自動車(じどうしゃ)排気(はいき)ガスやマツクイムシなどの影響(えいきょう)でかれる松がふえてきました。そのため地区(ちく)の人たちも虹ノ松原を守るために様々(さまざま)な取り組みをしているそうです。
 長い間,唐津のこの地方を(まも)ってきた虹ノ松原は,いつごろ,なんのために,どのような方法(ほうほう)で作ったのでしょうか。みなさんも,そのひみつをさぐってください。
 
 まず,このビデオを見てください。(クリックしてください)

<右のイラストの上をマウスでなぞってみてください。説明(せつめい)やリンクがはってありますよ>

上の図を見て虹ノ松原や松浦川のひみつをさぐろう!

@虹の松原の長さは?

A虹ノ松原のはばは?

B松の数は?

Cいつごろ松を植えたのでしょう?

E今の松浦川にしたのはなぜでしょうか?

F虹ノ松原や今の松浦川を作ったのはだれでしょうか?

虹ノ松原の歴史や伝説などについて調べられますよ。
観光・文化のところで唐津城などのことについて調べられますよ。
資料提供:佐賀県教育委員会                                             
Copyright (C) 2005 Egashira. All Rights Reserved.
唐津城(からつじょう) 波多川(はたがわ)と松浦川(まつうらがわ)の合流するところ 虹ノ松原 西がわ 虹ノ松原 中 松浦川河口(かこう) 虹ノ松原 東がわ 鏡山(かがみやま) 高島(たかしま) 福岡県久留米市