佐賀の素材で、子どもたちに考える力を! 〜総合的環境教育佐賀プラン開発〜



ホーム > 趣旨・沿革

プロジェクトの趣旨・沿革

取組の趣旨と背景

佐賀大学文化教育学部と佐賀県教育委員会は、大学の教員養成の改善・充実や、各種の教育課題解決のため、平成17年1月に「連携・協力協定」を締結しました。

この協定に基づき、大学と県では、現在(19年2月時点)、教員志望の学生による教育ボランティア活動や、10年研の機会などを活用した現職の先生方への多様な研修機会の提供など、具体的な8つのプロジェクトに取り組んでいます。

この一環として、大学と県では、県内の学校現場の先生方の知恵や問題意識なども活かしながら、佐賀の豊かな自然や社会などの『環境』を素材に、子どもたちの『考える力』を育む学習プログラムの開発を行うこととしました。

画像(280x210)

▲ページトップへ

研究体制・組織

今回の研究会には、大学、公立学校及び県・市町教委関係者が幅広く参加しました。

公立学校

久保泉小学校教諭 久保朱美、三瀬小学校教諭 廣瀧由紀子、仁比山小学校教諭 重松直美、基里小学校教諭 馬場克、鬼塚小学校教諭 行徳英俊、東唐津小学校教諭 木下秀夫、伊万里小学校教諭 羽田野修、武雄小学校教諭 山口環、多良小学校教諭 井上浩幸、明倫小学校教諭 三原直美

市教育委員会関係者

神埼市教育委員会学校教育課指導主事 馬原俊浩

大学関係者

佐賀大学文化教育学部教授 佐長健司、教授 張本燦、助教授 飯塚一幸、助教授 山下宗利、教授 宮脇博巳、助教授 中村聡

佐賀大学附属小学校教諭 岩崎稔敦、教諭 平山忠直

県教育委員会関係者

学校教育課 指導主幹 山田修司、生徒指導担当係長 井手和憲、指導主事 前田真也

佐賀県教育センター 情報課長 中原 正幸、教育課程支援担当係長 宗誠、研修員 木村嘉身

企画・経営グループ 主査 北村和人

画像(280x210)

▲ページトップへ

検討・開発経緯

平成17年11月に、大学及び県の関係者とともに、公立学校の先生方5名に参加いただき、研究会を立ち上げ、プログラム開発の方向性や授業開発の具体的な内容について、2回の研究会を開催し、協議・検討を行ったところです。また、平成18年度には、新たに研究会の体制を拡充し、さらに具体的な授業開発に向けて7回の研究会を開催するとともに、主に18年秋口から冬場にかけ、開発した指導案に基づき、各公立学校メンバーが実証授業を行いました。最終的に、平成19年2月に、実証授業の成果を踏まえた指導案・指導資料などの練り直しを行い、このたびの公開に至ったところです。

研究・開発経緯

平成17年 11月30日 研究会発足
11月〜 研究会(11月30日、18年2月6日)開催
平成18年 4月1日 研究会の体制拡充
5月〜 研究会(5月15日、6月16日、8月11日、9月28日)開催
6月〜 実証授業(6月26日基里小、10月13日多良小、
10月19日16日鬼塚小、10月20日三瀬小、
10月24日久保泉小、11月2日明倫小、
11月9日武雄小、11月11日神埼市中央公民館、
11月17日仁比山小、19年1月26日伊万里小
12月〜 研究会(12月26日、19年1月26日)開催
平成19年 2月15日 教育センター実践交流会で成果発表

画像(280x210)

▲ページトップへ


佐賀県教育庁 企画・経営グループ TEL : 0952-25-7223 mail : kyouikucho-g@pref.saga.lg.jp
Copyright © 2007 佐賀大学文化教育学部佐賀県教育委員会 All Rights Reserved.