(佐賀建築教育研究クラブ)


やってみせ言って聞かせて
させてみせほめてやらねば
人は動かじ

                                     山本五十六
平成23年度高校生ものづくりコンテスト木材加工課題new
(グーグルスケッチアップデータ 塩田工業・味志先生より)

毎度ご利用ありがとうございます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Attention

↓ROOMへの参加お願いします

ES-Commons
(さがの教育情報リンク&交流サイト)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成23年3月28日 ものづくり課題new

 ことしもやってくれました。
塩田工業の味志先生ありがとうございます。
5寸勾配バージョンです。

スケッチアップ図

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成23年3月26日 旧唐津銀行リニューアルオープンnew

 ついにやって来ました。
辰野金吾監修の建物、旧唐津銀行リニューアルオープンです。

テープカットは来年100周年とこれからの100年年続くことを願って100人の子供たちで行いました。

旧唐津銀行模型も展示していただきました。
それを子供たちが見てくれています。うれしいですね。

今をかえる主役は子供たちだと思います。

何かを感じて欲しいです。

       
来賓として辰野金吾のひ孫
である辰野智子さんもお見え
になりました。
少しお話しさせていただきま
した。いい方です。
 子供100人によるテープカット
青空に映えてました。  模型を見てくれる親子づれ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成23年3月18日 今年度課題研究の内容new

 今年度の各学校の課題研究を伺う機会がありました。
今度は具体的な内容を伺いたいですね。
他の学校の写真データくださいねー

鳥栖工業 佐賀工業 塩田工業 唐津工業
コンペ
(徳久)
コンペ
(岩本)
資格取得
(林田)
旧大島邸模型製作
(釘本)
構造模型
(宮崎)
CAD
(森永)
模型製作
サッ家ー
(森テ)
町切水車製作
(井原)
意匠模型
(川浪)
校内営繕
(松本)
模型製作
(塘)
旧大島邸調査研究
(森シ)
中学校への恩返し
(中村)
模型製作
コンクリート
シップ(船)製作
(三浦)
木工
(宮田)
廃材利用
(森ヨ)
木工
ベンチ製作
(川原)
コンペ
(吉田)
コンペ
(作左部)
CAD
(樋口)
(柴田)
(川崎)
校内営繕
(陣内)
旧唐津銀行模型製作
(山上)

木工
嬉野支援学校
訓練用階段
(味志)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成23年3月11日 東日本大震災new

このたびの東北地方大震災に被災された皆様にはこころよりお見舞い申し上げます。

建築の末端に携わる者として、建物の責任を痛感しております。

   

なにかできることはないのかと考えたとき
やはり生徒に建築の役割を伝え続けていくことも大事なことだと思います。

遠く東北地方ではありますが、今の生徒が早ければ1年後復興の一躍を担えるよう育てていきたいと思います。

また日本建築の更なる改善と建築教育について、微力ながら一考していきたいと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成23年3月1日 金立養護学校と巣箱づくり(佐賀工業高校)

 金立養護学校との深いつながりができましたね。
生徒にとって学校や家庭以外のつながりは、これからの人生でとても大事なことだと
思います。
これからも、長いつきあいをしていってください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成23年3月1日 旧唐津銀行模型展示

 卒業式の日に新聞に載るとは思いませんでした。
考えたら片づけは私ひとりで行かねばならないの?
(平成23年3月1日付け佐賀新聞・著作権許諾済み)

そして旧唐津銀行のサイトがOPEN!!
こちらへ
旧唐津銀行ホームページ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成23年2月27日 支援学校にリハビリ器具 塩田工業(佐賀新聞)

 お疲れさまでした。
ものが完成し結果がでると生徒も職員も達成感があり、疲れが吹き飛びますね。

そういえば、各学校の課題研究の取り組みの内容って知らないですよね。
職員だけでもいいから資料の交換したいですよね。
できれば発表も・・・(今年はもう卒業だけど)

(平成23年2月27日付け佐賀新聞・著作権許諾済み)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成23年2月27日 国の重要文化財 山口家修復完了(佐賀新聞)

 以前東京に就職した生徒が休みに戻ってきて、学校で話したこと。

「東京で上司から『佐賀出身ならくど造り、じょうご造りとか行ったんだよね。辰野金吾も知ってるよね』って言われたけど
なんも知らんやったです」って

そうですね。海外知るなら、まず日本を知ることからっていうのと同じかな。

3年間のうち1度は地元の建物に触れさせとかないといけないかなーと思いました。

(平成23年2月27日付け佐賀新聞・著作権許諾済み)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成23年2月5日 旧大島邸研究発表(読売新聞?)

 昨年唐津を揺るがした旧大島邸が一応の決着をし、唐津工業の生徒がこれをテーマに発表したところ
読売新聞社が取材に来てくれ、記事になりました。
ところがこの記事を学校新聞、ホームページで使いたいと申請を出したところ
なんと使用料を要求されました。
今まで、多々新聞記事使用の許可をいただきましたが、使用料を要求されたのははじめてでした。

しぶしぶ学校に出してもらいました。
生徒のお金なのになんか納得できませんねー

ということで、ここには載せられませんので、唐津工業にリンクしときますね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成23年1月30日 国の重要文化財 西岡家住宅修復完了(佐賀新聞)

 行ったことないなー 行ってみたいなー
塩田工業の真ん前らしいですね。

いいですね。昔の建物を大事に大事にしているかぎり建築はなくならないですよ。
建築は不滅です!!

(平成23年1月30日付け佐賀新聞・著作権許諾済み)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成23年1月25日 旧唐津銀行シンポジウム
 課題研究お疲れさまでした。
うちも終わりました。
こんなにプレッシャがかかった課題研究も久しぶりです。
完成前しばらくはマジで夢にまででてきました。

なぜならばシンポジウムに展示することが決まっていたので・・・

いよいよ3月26日リニューアルオープンです。

   

(平成23年1月25日付け佐賀新聞・著作権許諾済み)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成23年1月 (提案)

 ひとつ考えがあります。
育ててくれてありがとうプロジェクト〜地域への恩返し〜
っていかがですか?

現在各学校バラバラに各地域に木工作品を寄贈しています。
工業高校建築科をアピールするために、毎年一斉に各地域にプレゼントしたらいかがでしょうか?

今各地域で、まちおこしや活性化が叫ばれていますが、はっきりいって佐大よりも地元の子が多い工業高校生は
各地域でなんとかせないかんと思います。特に建築科は

手始めはそんなに負担にならない程度でベンチを各学校5脚程度

たとえば佐賀工業なら、今年は佐賀市、翌年、小城市、次多久市・・・・・

実習で作ったら早いですよ。
いかが??

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成23年1月9日 国家検定建築大工工事作業実技試験(佐賀県立産業技術学院) 

 山口さんのご指導のかいあって、高校生はみんなつくりあげることができ、本人たちもたいへん喜んでいました。
2、3人ケガしてましたが、カットバンで済む程度で安心しました。
結果がでるのはまだ先ですが、次は学科試験の補習をしなくては・・・
なかなか休めない・・・

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年12月27・28日 高度熟練技能者による建築大工工事研修会(佐賀新聞)
 いつもいつも山口さんには頭がさがります。
お忙しいのに
『わかいものを育てないかんとですよ』
ということばと危機感はわれわれ教員以上のものです。

赤レンガの会の方もそうですが、現場の年輩の方が高校生と話しをしたがっています。
伝えたいという気持ちが大きいようです。
外部講師だけでなくもっとこういう場を増やし、直接指導しただけるとわれわれも指導しやすく、
また就職にもつながって行くように思います。

(平成22年12月29日付け佐賀新聞・著作権許諾済み)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年12月27日 旧中尾家住宅保存修理完了(佐賀新聞)
 これは知らなくて行けませんでした。残念。

k−clubでも紹介しましたが、旧中尾家住宅は唐津市呼子ににある市重要文化財です。
鯨組主の屋敷で2008年から修復工事をしていましたが、修理が完了したとのことです。
23年春には一般公開になるようですのでぜひそのときには。

(平成22年12月27日付け佐賀新聞・著作権許諾済み)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年12月21日 ユニバーサルデザイン(佐賀新聞)
 結局現地には行けませんでした。
佐賀工業が展示ブースを出展していたそうですので今度写真いただきますね。

私は個人的に文具マニアですが、コクヨさんのカタログが大好きです。
ユニバーサルデザインをよく考えてあって感心させられます。
こういうデザインを考えているデザイナーはさぞ楽しいだろーなとおもいます。
そのコクヨさんも出展されているようでしたね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年12月5日 県教育長表彰(佐賀新聞)
佐賀工業連日の新聞掲載です。
 ものづくり大会以外で教育長表彰は初めてじゃないでしょうか?
生徒も先生もお疲れ様でした。

(平成22年12月5日付け佐賀新聞・著作権許諾済み)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年12月4日 佐工生が木工品贈る(佐賀新聞)
 NHKで紹介されたのが昨年でしたね。
だいたい一度マスコミにあげられると交流が切れてしまったりするのですが・・・
継続はちからなり。
生徒は3年で終わりですが、先生がんばってください。

(平成22年12月4日付け佐賀新聞・著作権許諾済み)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年11月25日 北九州建物見学(赤レンガの会)
 赤レンガの会で北九州の建物見学に行ってきました。

下の写真は辰野設計の『旧松本健次郎邸』です。
以前から見たかったんでとても感激しました。
現在は西日本工業倶楽部所有で会員制の建物です。
一般開放は年2回のみですが、本会の会長が交渉しようやく実現しました。
アールヌーボの建物は重厚で品格を感じました。
庭園の紅葉が最高で、一番良いときに見られて幸せです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年10月22日 工業技術研究発表大会(鳥栖工業)
 今年もお疲れ様でした。担当校の先生方をはじめ、各校たぶん遅くまで指導されたことでしょう。
けどこの大会のおかげで出場生徒はもちろん他の生徒もの技能が向上しているのは、確かだろうとおもいます。

 製図部門 CAD部門  研究発表 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年10月22日 建築士会全国大会 佐賀大会(佐賀市民会館他)
 数十年に一度の建築士会全国大会の佐賀大会が行われました。
高校生のコンペ作品や各ブースには多くの人が見てました。
佐賀工業建築デザイン部やうちの弟のブースにも人だかりでした。
以前九州ブロック大会で1位だった満原さんの発表にも関心させられ、最後は高校生コンペの表彰式でした。

講演では、佐賀市出身の建築家西村浩さんが、グッドデザイン賞を受賞した北海道の岩見沢駅舎についてでした。
まちづくりの活性化については、日本全国のテーマであり、佐賀の各まちでの問題です。

岩見沢駅を改築したことにより、まちのひと、まち以外のひとも集まっているいう報告はとてもおもしろく、ためになりました。

やはりかっこいい建物にはみんな集まってくるんですよねー

ハコモノをつくるとバッシングがありますが、岩見沢駅みたいに旧レールを多様するなど工夫すればかっこよく、安くつくれればいいですね。

 コンペ展示 佐賀工業(右)のブース  満原さん発表  コンペ表彰 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年10月9日 全国デザインコンテスト(大川木工まつり)
 毎年行われている、大川木工まつりに行ってきました。
見たかったのは、各木工品はもちろんですが、佐賀工業が入賞した全国デザインコンテストのパネル展示。
みごと全国2位とのことです。指導された先生お疲れ様でした。

大川の樟風高校は木工品の販売をしてましたよ。
こういうのも楽しそうですよね。

 出店  パネル展示  佐賀工業入賞パネル  樟風高校木工販売

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年9月20日 早稲田教授が鹿島再生を研究(佐賀新聞)
 多いですね。佐賀に最近早稲田がらみのことが
わたしは鹿島のことはよくわかってませんが、おもしろそうですね。

佐賀、鳥栖、唐津、塩田(鹿島)ともシャッター通りが多い地域です。
工業高校建築科としてなにか、できることはないでしょうか?

早稲田や九州大学よりももっと地域に根付き、歴史ある学校です。
生徒は地元の子です。
なにかしてもおかくしくないし、なにかすべきでないでしょうか?

地域再生コンペしましょうか?(たった今の思いつきですが(^^;))
建築士会とコラボで・・・
アーケード街の1店舗でもいいし、数店舗でもいいし、街ごと設計しても

方法は、
a、1箇所をみんなでし、年度ごとに各地域をテーマにする。
b、それとも各地域を各学校で?


実があるコンペ

んーなんかおもしろそうですが
いかが?

建築士会に言ってみようかな?

店舗の設計できるでしょう。
私が高校んときは卒業設計で、病院、学校、図書館、劇場、とかしてたんですから

(平成22年9月20日付け佐賀新聞・著作権許諾済み)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年度九州ブロック研究集会「建築士の集い」福岡大会

すみません遅くなりました。
新聞などには載ってなかったようですが、仲間が快挙達成です。

平成22年度九州ブロック研究集会「建築士の集い」福岡大会
1, 開催日時 平成22 年7 月3 日(土)
2,会 場 研究集会 「福岡国際会議場」
3,テーマ 『筑紫つくしからアジアへ拓く、建築士の新時代』
〜地域の元気をとりもどす、地域貢献活動〜
4,主旨
この1世紀余り、日本人の生活環境は、交通や通信が高度に発達し、時間が短縮化
されて非常に便利になったが、一方でどの地域においてもさほど代わり映えのない
均一化した社会となっている。日本の国土は、面積こそ狭いが南北に長く地形や気候
も異なり建築や町並み、祭りや行事、食事、言葉等、もっと地域性があったはずで
ある。
われわれ建築士は、一度この“地域”というものを本格的に見つめなおし、建築士
として過去と現在を捉え、今後本当に大切な活動は何なのか、また次の世代に何を伝
えていくべきなのか、九州各地域の実践活動を通して考えたい。

1位、佐賀県:地産地建のまちづくり 〜そこで作る、そこで楽しむ、そこに暮らす〜

10月22日に行われる全国大会(佐賀大会)で九州代表として発表されますよ。

そして新会社設立『スムコト設計』

あなたのパワーにはびっくりです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年9月20日 杉と温泉ぐるぐる計画(10月2日・3日)

 すみません。また私事(弟)なんですがよろしくお願いします。
ホームページは
http://www.yukihira.jp/?cat=3

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年9月18日 就職試験開始(佐賀新聞)
 今年の夏も暑く、これだけ温暖化している日本ですが、就職の氷河期は長いですねー。
わたしはバブル世代なので今の生徒はかわいそうです。

授業で建築はかっこいいぞーとか盛り上げても
『建築に行きたいけど就職がないんでしょ』『建築に就職したいけど、親が反対する』など生徒は言います。

未来に夢がもてる国にしなければいけないですよね。

なんとかしたい

(平成22年9月18日付け佐賀新聞・著作権許諾済み)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年9月 みんなで写真(鳥栖工・中村先生)
 7月にみなさん集まって撮った写真です。
OB先輩方から大変(耳のいたーい)良いお話しをいただきました。
参考にこれからがんばりまーす。

(中村先生から著作権許諾もらいます)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年9月18日 旧大島邸移築保存提言(佐賀新聞)
 昨年度からいろいろありましたが、ようやく懇話会で移築保存を提言するようになったそうです。
まだ確定ではありませんが、大きな一歩になったことは確実です。
 移転先や修復の予算など問題は多いですが、唐津そして佐賀県の建築物が残りそうでよかったですね。(^^)

(平成22年9月18日付け佐賀新聞・著作権許諾済み)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年8月 辰野金吾幻の設計図(朝日新聞)
 辰野金吾設計の韓国官邸の図面が見つかったそうです。
実際には建築されなかったとのことです。


平成222年8月23日
朝日新聞著作権許諾済み

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年8月 離職率(佐賀県教育研究会 工業部会)
 これは嬉しい援護射撃ですね。今回嬉しい内容です。
工業部会事務局の皆様、お疲れ様でした。

(平成22年8月3日付け佐賀新聞・著作権許諾済み)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年8月18日 人形劇舞台けこみ(唐津工業)
 唐津工業高校近くの鬼塚小学校から依頼があった人形劇舞台【けこみ】を製作し、8月18日に寄贈式が行われました。
製作は、課題研究の木工班男子2名、担当は宮田先生です。
小学校から感謝状と小学生か生徒個人に手作りの感謝状をいただき生徒も感激してました。

   

(平成22年8月20日付け佐賀新聞・著作権許諾済み)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年8月8日 上海・ヨーロッパ
 またまた私事で恐縮ですが、機会があって上海とヨーロッパに行ってきました。
上海では万博に行きましたが、飛行機の乗り継ぎの合間に行ったのでバタバタでした。
とにかく暑く、人が多すぎたのが印象です。

     
 時速430キロ
リニアモーター
高速道路の車が遅い
 いろいろ噂の中国館  日建設計の日本館
1番の行列でした
 電気シャトルバス
停留所でパンタグラフが伸び
充電してました。
       
 ハングル文字の壁面が
おもしろい韓国館
 斬新なデザインの
イスラエル館
 砂丘がモチーフの
サウジアラビア
 銀色発光建築フィルムで
覆われたドイツ館


ヨーロッパでは山登りがメインでしたが、建物もいろいろと見られてとても勉強になりました。
今、図書館や本屋で関連資料文献をあさってます。

       
 この山の下まで鉄道を
敷いているスイスの土木
力はすごい。
 これがアイガーの中
ですよ。驚きです。
3国国境の町
バーゼルの美術館
ピカソなど生です。 
 同じくバーゼルの建築
美術館。理解に苦しむ
展示内容でした
       
 バーゼルのユース
1泊1食で2200円だけど
建物がかっこいい。
鋼板ドアのトイレ・シャワー・
階段
フランスのストラスブルグ
駅。旧駅をドームで覆う
っていて安価だけどかっ
こいいリフォームです。
町々に教会があり、大小
あるけど、日本の神社仏閣
と同じように和むというか
落ち着きますね。
私はすきです
       
ストラスブルグにある
EUの本会議場
 ヨーロッパ人権評議場 フランクフルト
ドイツ建築ミュージアム
残念ながら工事中でした
 その隣のミューシアム
この写真、建物のようで
すけど実は工事ネットに建物
の絵を描いたものです。

とても勉強になりました。
今はちょうどユーロ安で登山いれなかったら20万弱ですよ。

いつかは皆さんと行きたいですねー
いろんなものおいしかったですよ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年8月6日 夏季実験実習講習会(佐賀工)
 佐賀工業高校CAD室で夏季実験実習講習会が行われました。
午前中は佐賀工業高校の森永先生がグーグルスケッチアップを利用した3D建築モデリング制作。
午後は私のほうで、辰金話しなどつたないことをならべて終わりました。
すみませんでした。<(_ _)>

   

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年7月29日 工業部会総会(アバンセ)
 今年も暑い中、アバンセで工業部会総会と建築科分科会が行われました。
実践発表では
佐賀工業 森永先生から『建築デザイン部における地域貢献の取り組み』
塩田工業 味志先生と鳥栖工業徳久先生から
工業高校建築教育研修会報告が行われました。
時間が足りず最後は駆け足になりましたが、とても充実した内容でした。

       

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年7月17日 木材チップボイラー導入(佐賀新聞)
 近場でただで処理してくれそうなところ発見。しかもひょっとすると温泉に入れるかも(笑)

(佐賀新聞社
著作権許諾済)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年7月4・5日 奈良・大阪
 唐津の赤レンガ会の方々(11名)で辰野金吾の建物巡りをしてきました。
初日、奈良を観光し、宿泊は奈良ホテルに泊まりました。
 翌日、辰金設計の駅舎(現役最古の洋風駅舎)、大阪市公会堂、日銀大阪支店を見学しました。
どれも歴史があり、品があり、かっこいい建物です。
旧唐津銀行の利用方法の参考になります。

奈良ホテル
宿泊客には天皇陛下、乃木大将、チャップリン、オードリヘップバーン 
アインシュタインが弾いた
ピアノ
浜寺公園駅 大阪市公会堂 日銀大阪支店

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年7月3日 武雄市が『辰野建築』紹介(佐賀新聞)
 武雄市が唐津に負けじと工夫をこらしてがんばってますね。
 この記事を後日、唐津の方が読まれたところ、『唐津市はなんしよるとかね、このままじゃ辰野金吾を武雄にもっていかれる』と言ってらっしゃいました。
 双方が盛り上がっていくといいですね。


(佐賀新聞社
著作権許諾済)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年6月 旧大島邸
 ここ最近、佐賀新聞では2、3日に一度は必ずを言っていいほど大島邸の記事が掲載されています。
 4月いっぱいで取り壊しのはずのものがまだ残っています。各シンポジウムも活発に行われています。
この建物は本当にすばらしく、唐津の財産を唐津のひとが自ら壊してしまうのは、かなしいことだと思います。

 現在、唐津工業高校建築科が森志保先生の指導で旧大島邸の研究を行っています。
この1年は唐津の建築にとって、佐賀の建築にとって大事な年になるでしょう。
みなさんも一度は見学し考えてみてください。

◎旧大島邸について
   〜西和夫先生(神奈川大学名誉教授)(文化庁文化審議会委員)の講演より〜
 (唐津工 森志保先生)

(平成22年6月9日佐賀新聞)(佐賀新聞社著作権許諾済)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年6月23日 鳥栖工業高校がプレースホームを見学(佐賀新聞)
 鳥栖工建築科2年生22日が神埼のプレースホームを見学しました。
 唐津工業は1年生が来月お世話になる予定です。
 これをきっかけに生徒が建築の道に進み、先々は現場見学を受け入れてもらえ、つながっていくといいですね。


(佐賀新聞社
著作権許諾済)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年6月12日 ものづくりコンテスト佐賀県大会
 のぼり梁になって課題が難しくなりましたが、さすがに各校ともしっかり練習されたようで、時間オーバーしたところは1校もありませんでした。役員、監督そして選手のみなさんお疲れさまでした。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年5月16日 町切り水車取付
 昨年度からずっと掲載させてもらってましたが、この日取り付けを地元の方総出で行いました。
小学生も学習会のため約20名きてくれて、取り付け後は万歳をしてくれました。
生徒がつくって、地元の方に感謝してもらうってやはり嬉しいですよね。
みんなの笑顔で疲れがとびますよね。井原先生お疲れさまでした。
佐賀・毎日・読売・西日本の各新聞でも紹介していただきました。TVも

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年5月 ものづくりコンテスト佐賀県大会課題
 今年もやってきました。ものづくりコンテスト。
 年々レベルが上がって来てるし、うちは出場者が宮大工になってしまうし、しっかり根付いてきましたね。
 そのせいか、課題のレベルも上がってきました。
 やりがいあります。
今年は佐賀工業が担当。S先生お世話になります。要項・図面を送っていただきありがとうございました。
また、A先生は課題をスケッチアップで制作していただきましてありがとうございました。
生徒への説明に利用させてもらってますよ。

 要項・課題図・スケッチアップ図はこちら←クリック

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年4月 旧唐津銀行工事見学会
 やばいカッコイイ。特に地下が
いいたてものができてますよ。

後日の佐賀新聞にも紹介されました。


(佐賀新聞社
著作権許諾済)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年4月17日 平成22年度版に更新
今年度もよろしくお願いします。

新年度はじまってバタバタと教材準備で忙しい事でしょう。
過去の大会要項等もこちらにありますのでご利用下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年 4月15日 建築甲子園(佐賀建築士会)

 なかなかおもしろいイベントですね。
各学校で地域のためにそれぞれいろんな事をやってきましたが、それを表彰してもらったら生徒達もやりがいがあることでしょう。

大会応募要領 1 2

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年 3月23日 日本水大賞(佐賀新聞)

 唐津相知町の町切水車が日本水大賞の奨励賞を受賞しました。
唐津工業がつくった水車も含めてです。
ただ生徒も一緒に写してくれればよかったんですけど・・・
佐賀新聞
(佐賀新聞社
著作権許諾済)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年 3月23日 ものづくりコンテスト佐賀県大会要項

 今年は難しくなりました。傾斜がついた梁です。これは2級技能士を少し意識してかな?
おもしろいです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成22年 3月23日 (佐賀新聞)

 大変おもしろかったです。意外な発想、私じゃ思いつかないことが多くて大変勉強になりました。
ただ留学生にカメラ踏まれて、壊れてしまったのは痛かった・・・(T_T)

(佐賀新聞社
著作権許諾済)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

K-club


     このホームページについてご意見ご要望がありましたら、上記メールアドレスにご連絡ください。


Copyright 2008 .Prefectural saga-kentiku-kyouikukennkyu-club All Rights Reserved.