トップページ

佐賀県北方領土教育研究会ホームページへようこそ。

 佐賀県北方領土教育研究会は内閣府や独立行政法人北方領土問題対策協議会が主催する北海道根室研修に県教育委員会から推薦され参加した中学校社会科教員が集まり、平成18年に結成した研究会です。

 内閣府の所管団体「独立行政法人 北方領土問題対策協会」が毎年実施している事業として、北方領土での現地研修、北海道根室での指導者研修があります。佐賀県北方領土教育研究会は、その研修に参加した佐賀県内の中学校社会科教員などを中心として構成し、授業研究を中心として活動している教育研究会です。年間5~6回ほどの研究・研修会を行っています。内容は研究授業、現地研修報告、講演会等です。 具体的活動としては次のようなことを行っています。

主な活動は、①北方領土問題に関する中学生作文募集・審査

       ②県内中学生を北海道研修派遣(佐賀県が当番県の年) 実績:H25(15名),H26(12名),H28(15名)

       ③全国スピーチコンテスト派遣 全国審査でベスト10に入った場合   実績:H23年度、H24年度出場

       ④研究授業公開(毎年1回以上)

       ⑤ワークシートづくり(H29年度作成)

       ⑥学校・生徒配付パンフレット作成

       ⑦各種研修会参加(全国会議、根室研修、九州・沖縄ブロック研修)及びその報告    

などです。

 佐賀県の教職員であれば、どなたでも入会できます。