トップ > 相談・支援 > 適応指導教室「しいの木」 > パナソニック教育財団 研究助成事業
 
パナソニック教育財団 第37回実践研究助成 

サイトマップはこちら
       
     公益財団法人パナソニック教育財団の平成23年度第37回実践研究助成を受け、「ICTを活用した不登校児童生徒の一人一人の学びや認知の特性に応じた生活・学習支援の研究」に取り組みました。不登校児童生徒への対応は、心理的安定がまず求められています。そこで、佐賀県学校適応指導教室「しいの木」において、不登校児童生徒の心の安定のために、タブレットPC等を使い、児童生徒やスタッフ間での話題の共有、読み書き等の学習活動の円滑な実施、活動の様子をブログで公開する自己表現活動等に取り組みました。また、適応指導教室に通うことが難しい児童生徒への家庭訪問支援や学校復帰に向けた在籍校関係者との連携におけるICTの活用にも取り組みました。今回の研究が、各学校における不登校児童生徒等への支援の一助になればと思い、取組を紹介いたします。  
     
■このページに関するお問い合わせは、生徒指導担当までお願いします。(0952-62-5211【代表電話】)
Copyright(C)2012 SAGA Prefectural Education Center All Rights Reserved.